ハイパースペクトルデータ生成ソフト-HSDmaker-

Hokkaido Satellite Co.,Ltd.研究&開発

データの暗号化の検証やシミュレーション向け開発中

ハイパースペクトルデータの解析アルゴリズムを考える上で、正確に検証するために答えがわかる規則性のあるデータが必要となります。

ある程度、EXCELなどで解析結果を推測することは可能ですが、やはりハイパースペクトルデータ構造として検証したくなります・

そこで、任意でデータ配列や大きさなど規則性のあるデータ配列を決めることができるハイパースペクトルデータ生成ソフト-HSDMaker-を開発中です。

HSDMaker:ハイパースペクトルデータ生成ソフト
HSDMaker:ハイパースペクトルデータ生成ソフト

当社のハイパースペクトルカメラのデータ配列(BIL形式に準拠)やBIL形式、BSQ形式、BIL形式はじめ、バンド毎に指定した数値を埋め込むことが可能になります。

データ構造を自分で決めることができるため、解析プログラムの検証が行いやすくなります。

現在は、規則性のあるデータ配列の生成になっていますが、今後は、よりカスタマイズできる仕様に作り込んでいく予定です。

タイトルとURLをコピーしました