ハイパースペクトルカメラによる血流効果の可視化

工夫すれば血行の状態を可視化が可能

腕に血流に関わる塗り薬を塗布したものを塗布前と塗布後15分経過した状態をハイパースペクトルカメラにて撮影し、比較解析を行いました。

撮影機種HSC1702
撮影対象
撮影場所屋内

まずは、RGB画像のものになります。見かけ上では違いがわかりません。

そこで、塗布後15分のハイパースペクトルデータから鎮痛剤塗布領域のデータを教師データとして、解析をおこないました。

解析結果画像から、鎮痛剤塗布したエリアと何も塗っていない皮膚において、スペクトル変化が現れたことを示しました。これは、酸素飽和度と関連があると考えています。

タイトルとURLをコピーしました